葬儀用にアイテムとして揃えておきたいのが、慶弔両用のブラックフォーマルバッグや、荷物のある時に便利な黒の風呂敷、そして黒や紫の布の袱紗です。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

喪服の他に持っておきたい葬儀用アイテム

喪服やシンプルな靴は用意してあるけど、意外と持っていないという人が多いのが葬儀に持っていける小さなバッグです。
時間に余裕のある場合は持っている人に借りるという手もありますが、訃報は急に訪れるものなので、オールシーズン使えるブラックフォーマルのバッグは一つ用意しておいたほうが良いでしょう。
基本的には、殺生を連想させる毛皮や革製品が良いので、布製のシンプルなデザインで、チェーンやメタル金具などの光る素材を使用していないものなら大丈夫。
若いうちは葬儀よりも結婚式に出席するほうが多いでしょうから、持った部分を布からパールに取り替えられたり、コサージュやリボンなどで表情を変えられる慶弔両用のフォーマルのバッグを用意しておけば便利です。
また一つは持って置きたいアイテムが袱紗です。
お香典の袋をむき出しのままポケットやバッグの中に入れている人や、買った時のビニール袋に入れて受付で慌てて外している人もいますが、大人としてはみっともない振る舞いです。
基本的にお香典は袱紗に入れて持っていくのがマナーです。
不祝儀用の袱紗は、黒や紫、相糸などのシックなデザインのものがあるので一つ持って置きましょう。
バッグの中から袱紗ごと持って、自分の順番が着たら受付の人に黙礼をしてから、袱紗からお香典の袋を出して渡すのが美しいマナーです。
また葬儀の際の小さなバッグだけでは荷物が入りきらないという場合も多いものです。
黒地の風呂敷や、布製の風呂敷バックなどを入れておくと何かと重宝するのでお勧めです。

おすすめ情報

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.