供花を贈る際には、勝手に斎場に送りつけないで、ご遺族に贈り方を聞いて、取り仕切っている葬儀社に頼むのが一般的です。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

葬儀に供花を送る時

供花とは、故人に供えるお花のことです。
通夜の席に贈る場合は、当日の午前中、葬儀告別式の場合は前日に届くように送ります。
供花を贈る際には、勝手に花屋などで注文して送りつけるのではなく、まずはご遺族に供花を送りたい旨を伝えてから贈り方を聞きましょう。
一般的には葬儀社が手配することが多いようです。
その家の地域や宗教、宗派の違いによって使う花が異なる場合もありますし、祭壇に統一感を持たせるためにも、取り仕切っている葬儀社に頼んだ方が良いからです。
斎場を持っている葬儀社の場合は多店舗の供花はお断りになっているケースもあるので、事前にきちんと確認して下さい。
通夜の当日の遅くても開式2時間前には届くようにしたいので手配はお早めに。
贈り主の名前は、個人名でも、数人で贈る場合は「◯◯一同」でも、会社名でも大丈夫です。
予算は1基150000円〜20000円が平均的です。
また故人と親しく好きな花、思い出の花を贈りたいという場合は、葬儀会場ではなく「枕飾り」や「後飾り」として贈る場合もあります。
枕飾りは、通夜や葬儀を行う前に用意さてる借りの祭壇のことで、そこに飾る花は、枕花と呼ばれています。
また、後飾りは四十九日の法要まで祭壇する仮の祭壇のことで、遺骨や仏具などを飾るのでお花をお供えすることができます。
最近は白い菊の花だけとは限らず、白の花で構成したバスケットやアレンジメントタイプなどもあるので、宗派や地域の習慣など贈っても差し支えないかを、ご遺族に確認をしてから贈るようにして下さい。

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.