通夜や葬儀、告別式に参列できない場合は、訃報を受け取ったら、早いうちに喪主や遺族に対して弔電を打つのがマナーです。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

弔電の打ち方

弔電とは、人が亡くなった時に、その死を悲しみ悼む気持ちを伝えるために送る電報のことです。
訃報を受け取ったものの、どうしても変更のできない用事が入っていて通夜や葬儀、告別式に参列できない場合に、喪主や遺族に対して、弔電を送って弔意を伝えるものです。
弔電は、訃報を受け取ってから早めに打つのがマナーです。
先方に葬儀、告別式の日時と場所を確認し、その前日までに届くようにしたいものです。
最近は、自宅ではなく斎場で葬儀を行う場合のほうが多いので、斎場の場所や名前などを間違えないように注意しましょう。
弔電の宛先は、喪主が基本ですが、喪主ではない遺族が知り合いの場合は、その人の宛名で送ってもかまいません。
また弔電の場合は、文例は色々と打つ会社に揃っているので、頭を悩ませなくてもふさわしい物を選べます。
受け取った側がわからないと困るので、故人との関係をわかるようにしておいたほうが良いでしょう。
電話で弔電を打つ場合は、ダイヤル115にかけオペレーターの指示に従い打つようにして下さい。
NTTのホームページから申し込むこともできます。
郵便局でもレタックス電報と言って、手書きの文章で送ることのできる弔電があります。
文字数に関係なく580円、900円とリーズナブルです。
そしてKDDIでも、電報サービス「でんぽっぽ」があるので、お花付きは刺繍の弔電を送ることができます。
他にもハート電報、e-denpo、For-Denpo、エクスメールなどの電報業者があるので、条件のあう所を選ぶようにして下さい。

おすすめ情報

  • 大阪北摂三島エリアから便利な葬儀(高槻)ホールはこちらのサイト。

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.