葬儀の服装は女性の場合は、黒などのスーツやワンピースで、小物も光物は避け、アクセサリーは結婚指輪かパールの1連ネックレスで。ヘア、メイクは地味に、ネイルはオフするのがマナ

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

女性の場合の通夜や告別式の服装マナー

女性の場合、急な訃報で取りあえず通夜に駆けつける場合は、服装は地味な平服であれば大丈夫です。
もし通勤着が黒や紺、グレーなどのパンツスーツである場合はそれでもかまいません。
ただ、事前に訃報を聞いた場合の通夜、葬儀に参列する場合は、喪服を着るようにして下さい。
両方に参列する場合は同じ服装でもかまいません。
スーツの場合は、黒、紺、ダークな茶色でデザインがシンプルなスーツやワンピース。
スーツの中にシャツを着る場合は色物ではなく白無地にして下さい。
そして肌色のストッキングや黒のタイツで、バッグや靴も光る素材ではないものを。
アクセサリーは、結婚指輪と1連のパールのネックレスのみ、身につけても大丈夫です。
また殺生を連想させる毛皮のバッグやコートはマナー違反。
光物のアクセサリーやショール、スカーフなども同様にNGです。
また、髪の毛を金髪や明るい茶髪に染めている人は、なるべくシニヨンなどにまとめてコンパクトにして目立たないようにするのがマナーです。
もちろんヘア飾りなどはしないように。
また、普段メイクが濃い人も、葬儀の時はナチュラルメイクで控えめにして下さい。
普段はキラキラと光るネイルアートをしている人も、葬儀の場では不釣り合いですし、ご遺族にも失礼になります。
もったいなくてもオフするのが大人の女性としてのマナーです。
急なことで落とせない場合は、黒の手袋で隠す場合もありますが、ご焼香の時には外さなくてはならないので、仏式の通夜や告別式の時はネイルをオフしてください。

おすすめ情報

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.