葬儀の服装は、男性の場合は黒やダークグレーのスーツで、シャツは白、ネクタイや靴下、靴も黒で整えるのがマナーです。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

男性の場合の通夜や告別式の服装マナー

通夜、告別式等の葬儀は、故人とお別れをつげる儀式なので、それにふさわしい服装を整えて訪れるのが大人としてのマナーです。
まず、男性の服装ですが、取引先などの人の突然の訃報を聞いた場合、急いで通夜に駆けつけるという場合は、通常の通勤着のスーツで大丈夫です。
一般的な会社員の場合、黒、グレー、紺、茶系などの地味な色合いのスーツを着ているでしょうから、それでも失礼になりません。
ただし派手な服装は失礼なので、帰宅して着替えるなり借りるなりして服装は整えたほうが良いでしょう。
訃報を聞いてから半日以上は経った場合は、喪服で伺うのがマナーです。
男性の場合は、黒やダークグレーのスーツかジャケットが一般的。
デザインはシングルでもダブルでもかまいません。
中に着るシャツは、ストライプなどの柄のない白無地にして下さい。
ネクタイもプリントなどのない黒無地で統一。
ネクタイピンや胸のチーフなどの飾りは付けないように。
靴下も柄物ではなく黒無地にして下さい。
もちろん、靴も黒が基本ですが、カジュアルなスエード素材のものや光ったメタルの飾り付きなどはなく、シンプルなデザインのもので。
男性の場合はあまりアクセサリーは付けていないと思いますが、もし普段、ネックレスやピアス、ブレスなどをしている人は外すのがマナー。
男性が葬儀の時に身につけて良いアクセサリーは、結婚指輪と派手ではない腕時計だけです。
またハンカチは、華やかな色物や派手な柄物は避け、白無地がベストです。

おすすめ情報

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.