一般的に仏式の葬儀の他にも、神葬祭やキリスト教式葬、宗派にこだわらず自由に行う自由葬や音楽葬など、色々なスタイルがあります。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

ちょっと特殊な葬儀のスタイル

一般的には、葬儀と言えば夕方から行われる半通夜で読経、焼香と食事会、そして翌日が告別式、火葬という順番ですが、宗教によっては異なる葬儀のスタイルもあるので覚えておきましょう。
神道で行う場合の葬儀は、神葬祭と呼び、神社の神主によって式は執り行われます。
神社では葬儀は行わないので、故人の自宅や、葬儀斎場などを使って行います。
また故人や遺族がキリスト教の場合は、教会や葬儀斎場で行われ、教会の神父や牧師によって式は執り行われます。
また、最近多くなってきたのが自由葬とも、無宗教葬などとも呼ばれる、スタイルの葬儀。
特に信仰する宗教がない人が増えてきたので、年々このスタイルは増加しているとか。
祭壇には遺影や思い出の写真、花などで自由に飾り付け、焼香は行わず、一人一人が花を添えて故人とのお別れをします。
会場には、故人が生前に愛した音楽を流すことも多く、親しい人がピアノなどを奏でることもあり、音楽葬とも呼ばれています。
無宗教のこのような自由なスタイルで行う葬儀の場合は、決まったルールや順番などがないので、喪主となる親族が故人をどのような形で送り出すのかを打ち合わせして、当日にもたつかないように色々と手配をする必要はあります。
またそれをホテルで行うこともあり、葬儀を密葬で行った場合は、遺族以外の友人が発起人となってお別れ会、偲ぶ会などとして行う場合もあります。
さらに、故人の希望で、生前にゆかりの深かった海や山などに、通常の葬儀後に散骨する場合や、本人が在命中に、自分自身で行う生前葬もあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.