今では葬儀と告別式は同じ意味合いで使われ、お通夜は葬儀前夜ではなく、夕方から行う半通夜が一般的になりました。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

一般的な葬儀の基本を知っておこう

葬儀とは、亡くなった方を弔うために行う儀式のことです。
今は、葬儀と告別式は同じ意味合いで使われていますが、本来は別のもの。
葬儀は、亡くなった人を葬るために行う宗教的な儀式のことで、告別式は、家族や親族、亡くなった人と親交のあった人達を呼んでお別れを行う儀式のことです。
ただ、今では宗教色の強い葬儀を行うことは少ないので、同時に行う事が多いようです。
そして、お通夜は、葬儀の前日に親しい人や家族だけで、故人に付き合い夜明かしで食事をしたりお酒を飲んだりして、別れを惜しむ儀式のことです。
ただ、現代では遠方から参加する人、会社勤めのある人、子供を預けなくてはならない人など都合も色々あるので、夕方から1〜2時間くらいで読経、焼香、食事を行う半通夜が一般的になりました。
また、密葬の場合は、一般の人を呼ばすに家族だけで済ませる葬儀のことで、家族葬は、ごく親しい人だけで行う葬儀です。
通夜、告別式は何かとお金もかかるので、最近では経済的にも負担の少ない家族葬を行う場合も多いようです。
さらに火葬の場合は「直葬」という、家族や友人だけで火葬場でお別れをつげる方法もあります。
昔は身寄りのない人などの場合に行われてましたが、今では簡単なお別れを生前から望む人や、遺族の経済的な負担の軽減を望む人も多く、増加しているようです。
また故人が大きな企業の会長や社長であった場合は、社葬として会社が費用を負担し葬儀を取り仕切ったり、遺族と会社の合同で行う団体葬などもあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.