子供を作らない夫婦も増え、供養をする人もいなくなるからとお墓を買わず、永代供養をする傾向が増加しています。

葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー

永代供養の選び方

通常なら、先祖代々のお墓を子孫が守り供養をするのですが、結婚などで親族もバラバラになり、本家以外はそれぞれが自分達でお墓を買って供養するようになりました。
また最近では、霊園の墓地を購入する人もだんだん少なくなってきたとか。
子供を作らない夫婦も増え、自分達がいくら墓地を購入してお墓を建てたところで、どちらか後に残されたほうが供養をするのみ。
葬儀のすぐ後は、友人や親しい親戚などがお墓参りにきますが、月日が流れ皆年をとってしまったら、それもままならなくなり、残されたほうも死んでしまえば、いつしか誰も訪れる人もいなくなります。
そのため中年層の子供のいないご夫婦の場合は、お墓を購入しないで永代供養を希望する人が増えてきたそうです。
永代供養とは、墓を訪れて掃除をしたり供養をしたりという人がいない場合、お墓を建てても仕方ないので、自分達の遺骨や位牌はお寺の経済の共同墓地に合祀してもらうことです。
その寺院が存続していれば、そこの僧侶が管理して定期的に合同の供養をしてもらえます。
ただ永代供養墓は、合祀墓の他にも、納骨堂、供養塔、位牌檀、夫婦墓など様々で、身元不明の方の無縁仏の供養墓もあるので、一般の人が自分にあった永代供養の方法を見極めるのは難しいようです。
環境や永代供養はかの作りなどは見学することはできますが、「本当に未来永劫、供養をして貰えるのかどうか」実際わからない…という部分が問題視されています。
支払う金額も、いくらが適正なのかがわからないのも難しいところです。
実際色々とトラブルもあるので、業者任せのお寺ではなく、信頼できるお寺と住職を慎重に選ばなければなりません。

おすすめ情報

  • 堺の葬儀はご遠慮なくお問い合わせください。

Copyright (C)2018葬儀参列に必要な所作・避けたいタブー.All rights reserved.